「子宮うち膜炎」に対して

きゃしゃゾーンに変調を感じたら、病の表れかもしれません。ここでは、きゃしゃゾーンに症状が現れる病として「子宮内膜炎」に対して紹介します。

子宮内膜炎は、子宮内膜に淋菌やクラミジア、大腸菌、ブドウ球菌、結核菌などの病原菌が感染し、炎症を引き起こす病だ。また、産後に発症しやすいと言われています。再度、子宮内膜炎に慢性的にかかると不妊に陥ることもあります。

子宮内膜炎によるきゃしゃゾーンの異変としては、おりもののニオイが強くなり黄色い膿状のものが多く出たり、曲事出血がありものに混ざったりします。ほかにも、発熱や腰痛、土手腹の苦痛などの症状が現れることもあります。

子宮内膜炎は、子宮頸部や血、リンパ液、腹腔などを経由して入ってきた微生物が、子宮内膜へ感染することが起因なので、血見立てなどを行って起因菌を判定し、抗生物質や外用薬において治療します。重病化した場合は、点滴にて抗生物質を投与することもあります。

微生物の感染を予防するには、綺麗を保つことが大切なのですが、きゃしゃポイントをすすぎすぎたり、間違ったやり方で膣内洗いをしたりすると、逆効果になるので気をつけましょう。また、性感染症によることもあるので、性ネゴシエイションの際は、コンドームなどの避妊具をぐっすり準備して規則正しい方法で着用しましょう。

なお、「子宮内膜炎」という「子宮内膜症」は、随分別の病だ。子宮内膜症は、子宮の中にしかない子宮内膜が、子宮以外の卵管や卵巣などの他所に適う病のことです。ミュゼ徳島の全身脱毛、その人気の秘密は?